自分の本音と出会うためのブログ

こんにちは!《ひねくれリセッター》のこうたです! このブログは自分の本心と出会うためのきっかけとなるように書いています。『自分の本音がわかれば、相手の本音もわかる。』誰とでも尊敬しあえる関係性をつくっていきましょう!

【私の中にいる殺人鬼が愛しかできない人類モデルへ】

こんにちは。ひねくれリセッターのこうたです!

 


つい衝動的になって、もう全てがどうなってもいい!最高に自暴自棄になる瞬間てありませんか?

 


私は、自暴自棄になったときの行動の一つとしてこんなことをよくやってました。

全ての外をシャットダウンして、家に引きこもる。ケータイも電源オフ!

 


学生の頃であれば、学校にも友達にも先生にも連絡しない。バイトも無断欠勤、もしくはメール連絡で済ます。

社会人になってからは、仮病や身内の不幸を盾にする。

 


家で何をするかというと。

寝る、youtube見る、普段はあまり食べないインスタント食品やお菓子を暴飲暴食する。

全てがどうでもいい!自分が何をやっても、何をやらなくても、この世界は何一つ変わりなく回る。

「どうせ死ぬもんじゃないし。」

このとき、私の頭の中にある唯一の判断基準はこれでした。

 


そして気がつくのです。

あ、これ、本当に感情的になって理性をなくしてしまったとき、自分を殺せる。

 


自分の存在感を常に模索してきた私にとって、”死”は身近なものでした。

 


それとは対称的に”愛”を強く求めていました。どうやら私にとって死の対義語は愛でした。

 

 

 

では、愛とはなんなのか。

一番イメージしやすい愛のモデルは両親でしたから、よく見ていました。

同じ空間で生活を共にし、時間を共有することで、愛は育まれるのか。

正直、そうは見えませんでした。

 

 

 

私自身、人のことは大好きでしたから、友達関係も恋愛もたくさんしてきました。

同性でも異性でも、どうしたら本当に理解し合い、愛し合えるのか。

 


愛そうと思っても愛し方もわからない。

そもそも愛がなんなのかがわからない。

愛したいのに愛せない。

 


感情表現を我慢して、人と繋がることに遠慮し、そんな自分を自己否定し、恐怖し不安し不信し諦め挫折し孤独になっていきました。

 


その結果、どうなっていくと思いますか?

環境、状況、条件、相手によって、コロコロコロコロ変化する自分。

合わせて合わせてフリをし続ける自分。

 


本当に今、自分が感じていることがなにかもわからないまま、その場しのぎをする。

そんな生き方しかできない自分が、嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 


そんな私が憧れるのは、一貫性のあるブレない自分でした。

 


この一貫性こそが、愛であり真理であり、本当の意味で人間らしく生きるキーワードであることを学びました。

 


少し目線を広げ世界を見たとき、戦争も終わらず動物レベルの生き方しかできない人類の現在地があります。

 


分離断絶から始まる戦争の土台を終わりにさせ、愛しかできない人類にしていきたい!

 


人類としての愛のモデル

今の時代を生きる生き方のモデル

日本人としてのリーダーシップのモデル

チームプレーでクリエイティブ、イノベーションを生み出すモデル

 


そんな自分として、変化成長していきます!

 

 

本日も読んでくださりありがとうございました!

またねー(*^^*)


ーーーーーーーーーーーーーー

各種セッションの申込みや、まずはお話してみたいなどなんでも結構です。

ブログでの疑問や質問なども受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

《お問い合わせはこちら》

https://www.secure-cloud.jp/sf/1527605883PhLvUuqb

ポエムな日【素直革命】

f:id:iam66kn:20180905182341j:image

大切なものを大切にする

 


好きなものを好きだと言える

 


愛するものに愛を伝える

 


愛を表現するのに躊躇なんていらない

 


愛を表現するのに遠慮なんていらない

 

 

 

雲は、風が強く吹けば早く流れ

そうでないときは、空にゆっくりとたたずむ

 


そうやって

世界の景色を創作していく

 


そうやって

空を空とさせる

 


風が吹いて、少し形を変えたとしても

風が吹いて、少し居場所を変えたとしても

それは、雲である

 

 

 

愛は今ここにあるもの

 


表現したとて、愛

表現せずとも、愛

 


少し形を変えるだけで

今ここにずっとあるもの

 


それならば、

もっと素直に心の奥底から

愛を楽しもう

 


愛は存在を魅力的にさせる力

愛は存在同士の関係性をつくる力

 


私たちは

愛を表現することを、少し我慢しすぎたのかもしれない

 


私たちは

愛の表現が、少しひねくれていたのかもしれない

 


大切なものを大切にする

 


好きなものを好きだと言える

 


愛するものに愛を伝える

 


愛を表現するのに躊躇なんていらない

 


愛を表現するのに遠慮なんていらない

 


愛を感じ味わい表現する

 


愛で満たされた今ここを。

 


ーーーーーーーーーーーーーー
各種セッションの申込みや、まずはお話してみたいなどなんでも結構です。
ブログでの疑問や質問なども受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

《お問い合わせはこちら》
https://www.secure-cloud.jp/sf/1527605883PhLvUuqb

 

【Part3 私はなんのために生まれてきたのか ~ 社会の役に立ちたい私の、存在意義を探し続けるストーリー ~】

【Part3 私はなんのために生まれてきたのか ~ 社会の役に立ちたい私の、存在意義を探し続けるストーリー ~】

 


本日もご訪問くださりありがとうございます。ひねくれリセッターのこうたです。

 


それで、結局あなたは何がしたいの?という質問をよくいただくので、私がどんな人間でどんなことをやっていこうとしているのかを、少しずつお話ししていくコーナーです。

 

 

 

 


小学校3年か4年生の頃のお話です。

両親のことが大好きだったわたしは、2人を裏切りたくないし2人と一緒にいることが全てだったので、2人の意にそぐわないことはやめようと静かに決意しました。

(※パート2参照)

 

 

 

そんな私が人生最大のショックな事件が起きました!

 


さて、ここで質問です。

みなさんにとって親とはどんなイメージでしょうか?

 


私は幸いなことに、実の母と実の父と共に暮らしてきました。

子どものわたしにとっては、両親が世界の全てであり、彼らがいることで自分という存在を感じることができていました。

2人はとても仲が良く、ケンカしている姿など見たことありません。そんな2人の関係性が理想の関係性でもありました。

 


ある日、リビングでテレビを見ていました。キッチンから声がするのです。それは、両親のケンカの声でした。

異常な恐怖を感じていたのを覚えています。音としての声は聞こえてくるけれど、会話としての声は耳に入らないようにしていました。

両親がケンカをしていることすら気がついてはいけないことのように思い、リビングで流れているテレビだけに集中しようと必死でした。

 


しかし、恐怖がわたしの中に流れ込んでいて、そこに座っていることが精一杯。

そしてその時がくるのです。

母が私のところへきました。

 


ドタドタドタ!

 


母「こうた、じゃあね!お父さんと仲良く暮らすんだよ!」

 


 


感情的になっている母の声は、まるでナイフでも突き刺さったかのように、私の心の奥深くにズドンと入ってきました。

 


その後のことは覚えていません。

本当に思い出せないのです。

たぶん、泣いたのでしょう。

たぶん、愕然としたのでしょう。

たぶん、母を止めようとか父に説得してもらおうとかはせず、受け止めきれない言葉を、ただただ無かったことにしたかったのだと思います。

 


このことを思い出して話せるようになるまでは、恐怖が体を駆け巡り、どうしようもない焦燥感と、なんとかせねばという考えが走りました。

 


今ではこうして客観的な事実の1つとして、そして今の私を作り出す大切な出来事の1つとして話すことができます。

 

 

 

両親が世界の全てであった私にとって、その環境がなくなることは、魚が海から陸に上げられて呼吸ができないような、もがき苦しみ死に直結することとイコールです。

 

 

 

なぜこんなことが起きてしまったのか。子どもの心で受け止め、子どもの頭で考え出した結論。それは、やっぱり僕はいらない子だったんだ。

いてもいなくても変化のない存在。

存在感のない私。

そう決断してしまったのです。

 


ここから、私の人生がスタートします!

そうです!このコーナーのタイトルである、「私はなんのために生まれてきたのか ~ 社会の役に立ちたい私の、存在意義を探し続けるストーリー」のはじまりです。

 


みなさんに勘違いしてほしくないことがあります!それは、母が悪いわけでも、父が悪いわけでも、わたしがいけないわけでもないということ!

そして、今でも家族仲良く暮らしているということ!(空間的には、わたしは両親の元を独立して離れて暮らしてますけどね。)

 


さぁ、ストーリーとしては起承転結のうち、起にあたります!

 


これからどうなっていくのか、お楽しみに!

 


ここまで読んでくださってありがとうございます!

じゃ、またねー(*^^*)

 


ーーーーーーーーーーーーーー

各種セッションの申込みや、まずはお話してみたいなどなんでも結構です。

ブログでの疑問や質問なども受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

 


《お問い合わせはこちら》

https://www.secure-cloud.jp/sf/1527605883PhLvUuqb

8月の10日間を想う。決断の8.15

諦め、孤独、絶望、不信、不安、恐怖、いまはそんな時代です。

 


しかし、時代の変化・日本の変化を感じています!

 


そして何より、この時代、この日本、この私として生まれてきたことを最高に幸せだと思います!

怖がらずに思っていること全部書いてみます!

 

 

 

・6日 広島原爆投下

・9日 長崎原爆投下

・15日 終戦記念日

 


8月に入ってからはこれらのことをよく考える期間でした。

戦争なんて触れてはいけないタブーな話だと思っていました。学校でもちゃんと学んだ記憶もありません。なんとなく持っている日本が悪いことをしてしまったという第二次世界大戦のイメージ。真珠湾への先制攻撃。日本がアメリカへ仕掛けた戦争。軍国主義の日本が行う命をも惜しまない特攻作戦。

なんかこう、嫌なイメージ。なんかこう、見たくないもの。なんかこう、蓋をしたいもの。

 


なぜか原爆が平和の象徴となり、なぜか終戦記念日靖国神社に参拝する政治家がフォーカスされ、なぜか日本はアメリカに守られていると言う、そんなチグハグで形だけの平和8月15日。

 


なんか変。でも、見ちゃいけない。

そんな自分の中にいるもう1人の自分が顔を出す。ずっと気になっていたんです。いつかは向き合わなくてはならない気がすると。

 


そしてやっと向き合えた。そしてもう目をそらしてはならない!

怖がらず言うしかないのだ!

 


原爆を2つ落とされた日本にしかできない仕事があるのだという確信!日本が世界をリードする使命!

軍事力、経済力ではなく、魅力による共通土台秩序の創建!

 

もう二度と熱くならないと決断した8.15。この日を新たなスタート、Re・riseの決断8.15へ!

8.15の意味が変われば、日本が変わる!日本が変われば、世界が変わる!

 


もはや、言い切ることしかできません!時代は変わっています!

その時代をつくるのは人間の欲求であり、その欲求を満たす技術が発見されてきたということ!

 


つまり、時代が変わっているならば、技術も変化しなければなりません!

今までは、科学技術が台頭してきたが、これからは科学技術を補う認識技術・nTechが必要である!

nTechとは、始めることができる技術です!

f:id:iam66kn:20180815235716j:image


本来、変数であるはずの観点を固定したところから観察しデータを蓄積することで、正しく観察することが不可能でした!

しかし、観点を取り入れて観察するならば、存在の本当の姿をみることができます。それは視覚でみるというよりは、心の目でみること!

つまり、5感覚以外の新しい感覚を身につけるということ!!

 


自然にリンゴやバナナはできますが、飛行機や車は自然にはできませんよね。

感覚も同じです。自然に感じることができる人間脳の5感覚ではなく、訓練して身につける新しい感覚が必要になるのです!

 


その感覚を身につけた時、人間の最高の機能を発揮し、人間として生き始めることができるのです!

そして、新たに生き始めることができた人たち同士の連帯・チームプレーによって、今まで想像もしていなかった新しいクリエイティブ・イノベーションがばんばん生まれ、文化やライフスタイルの進化を起こしていきます!

 

 

 

人間は、本来の可能性を閉じ込めて生きてきました。

これからは、もう二度と諦めることができない時代になります。

 


自らやる気モチベーションを作り続け、チームプレーによってクリエイティブ・イノベーションを発揮するライフスタイルを共につくりませんか?

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせフォームをつくってみました!

各種セッションの申込みや、まずはお話してみたいなどなんでも結構です。

ブログでの疑問や質問なども受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

 


《お問い合わせはこちら》

https://www.secure-cloud.jp/sf/1527605883PhLvUuqb

ポエムな日【戦うのはあなた】

【戦うのはあなた】

 


時代の変遷、諦めの蓄積

「もう二度と熱くなるもんか」

DNAが私にささやく

 


「もう一度、やればできるを取り戻せ!」

大和魂に火をつけろ!」

「あなたは何者とも比較不可能な唯一無二の存在なのだから!」

 


深く根付いた意志からの声は

蓋をされ、カラカラに乾いてしまった井戸のように

汲み取り難くなってしまった

 


ふと感じてしまう

個人の尊重、egoの主張

悪気のない裏切りと傷の舐め合い

 


「申し訳ありません」と周りに合わせすぎてきてしまった日本の現状

チームプレー大好きな日本人が、強制的に個人主義を押し付けられた結果

 


畑で米を作る

ものさしも持たず大きさを測る

鎧もまとわず戦地へ行く

自分を知らずに自分を主張する

そんなチグハグさ

 


本質を忘れ、形だけを追いかけてきてしまったための矛盾と葛藤

 


あなたは今、なぜなんのためにどのようにしてここへ来たのか

 


今はもう知るべきなのだ

今はもう諦めている時ではないのだ

今はもう戦うときなのだ

 


目を覚ませ!

戦う準備はできているのか!

世界があなたを待っている

8月の10日間を想う。9日、長崎原爆投下と平和について。

8月の10日間を想う。9日、長崎原爆投下と平和について。

 

 


みなさんこんにちは。

ひねくれリセッターのこうたです!

 

 


日本のことに全く興味のなかった私が、日本を好きになっていきました。そのきっかけの一つが、実は戦争を知ったところからです。

きっかけについては、またお話しさせていただく機会があればお伝えします。

本日は、前回の広島の原爆に続き、長崎の原爆について想うことを書こうと思います。

 

広島への原爆投下から3日後。人類史上2度目の原爆投下。死者73,884人、重軽傷者も含めると148,793人。(長崎市原爆資料保存委員会より)

これほど絶望的な状況がありますでしょうか。

まだいける、まだやれると自らを鼓舞し続け、未来の日本へ託した意志を、完全に壊されていくような。そんな感覚。

 


「もう二度と熱くなるもんか。あんな悲惨な思いはもうしたくない。こんな私たちが戦争をしてしまってすいませんでした。申し訳ありません。」そんな声が聞こえてくるのです。

そして決断してしまうのです。

 


8月の6日から15日の終戦までの10日間。日本がどんな変化をしていったのか。明治維新150周年の2018年だからこそ、そこに想いを馳せてみました。

 

 


本日も読んでくださりありがとうございました。

8月の10日間を想う。6日、広島原爆。

8月の10日間を想う。6日、広島原爆投下と平和について。

 


みなさんこんにちは。

ひねくれリセッターのこうたです!

 


日本のことに全く興味のなかった私が、日本を好きになっていきました。

そのきっかけの一つが、実は戦争を知ったところからです。

きっかけについては、またお話しさせていただく機会があればお伝えします。

本日は、広島の原爆について想うことを書こうと思います。

 


広島の原爆。

私は東京の住人で、学校教育では教科書に載ってはいるものの、戦争の類は話題に出すのもタブーのような、そんなこと話しちゃいけない怖いことのようになっていました。

しかし、原爆を投下されたのはまぎれもない事実です。

怖がって目を背けていても何も始まりません。

 


広島に住んでいる方とお話しする機会があって、その中で少し印象的だったことがあります。企業が新しい商品を売ろうとしてマーケティングをするときに、まず広島の市場を調査するみたいなんです。そこで流行がつくれそうならその商品は売れると!

広島ではブームが起きにくい土地らしいのです!

なぜなのか、私なりに考えてみると、原爆を落とされ究極に諦めてしまった広島があると思うのです。それは、「もう二度と熱くなるもんか。あんな悲惨な思いはもうしたくない。こんな私たちが戦争をしてしまってすいませんでした。申し訳ありません。」そんな声が聞こえてくるのです。

 


8月の6日から15日の終戦までの10日間。日本がどんな変化をしていったのか。明治維新150周年の2018年だからこそ、そこに想いを馳せてみました。

 


本日も読んでくださりありがとうございました。